金の亡者という人たち

金の亡者という人たち

この時期だけ、どうしてもお金がすぐに欲しいって思うことはありますね。
でも、焦らなくても、お金って稼いでいれば入ってきます。
借り癖のある人は、すぐに借りてものを買ってしまいます。又は、別のことに使うのでしょう。

 

一万でも二万でも定期的に収入があるのなら、それを貯めて、計算してやっていけばいいのではないでしょうか。
二万がが、月の収入の人がお金を借りるのはどうかと思います。
それよりも、収入を増やす事を考えた方がいいでしょう。

 

何が大事かって、金の亡者って、仕事しかしていないような人だと思うのです。
もっと楽しい事があるのではないでしょうか。今は団塊の世代のように、みんなで協力して、国を高度成長させる時代なのかというと、疑問ですね。

 

精神病を差別したり、地位や名誉ばかり追う人には、そういう人は低機能の存在としか見られないのでしょうね。
人間って楽しむ事を忘れたら、ストレスばかり溜まっていくと思います。
勿論、仕事をしていて、とても楽しいという人もいます。

 

自分は生きているお金と、親孝行と、それ以外はそれ程お金は必要はありません。
ちゃんと計画を立てれば、生活は困らないと思うからです。支えてくれている両親には本当に感謝しています。